汚染物質の排出|地中熱利用で環境に貢献しよう|まずは相談
作業者

地中熱利用で環境に貢献しよう|まずは相談

汚染物質の排出

ヘルメット

土質改良プラントの概要

土質改良プラントとは建設発生土を高品質改良土によみがえらせるSR工法のことです。現在では、災害復旧や建築などさまざまな分野で活躍しています。具体的なシステムのフローは原料土と固化材を2軸パドルミキサを用いて改良土として使用します。実際の土質改良プラントとは、土の質を知り、改良していくところから使用されている機材類の総称のことを指します。現在の建築においてなにもない草原にいきなりビルを建てることはできません。そのためその土地がどのような性質を持ったものか知る必要があり、求める土質を作らなければなりません。たとえば土砂崩れが起こりにくいような土壌が必要な場所などはその性質をもった土壌に改良しなければいけません。

豊かな生活を送るためのメリット

土質改良プラントは現在の生活だけではなく、環境にも良いものです。どうして土質改良プラントが環境によい理由は、汚染物質の排出を抑えながら、現状の環境を保ち、また改善していく事ができるためです。現在は人口が爆発的に増えており、そのため家屋が必要とされています。人口が増えたために土壌から汚染物質が海洋などに流れ出したケースもありました。そのような汚染を防ぐことが土質改良プラントによって行われ、それを通じて私たちの生活を守ってくれ、地球という大きな環境をも守っています。また、日本においては世界的に地震大国であるため、地震に強い土壌も私たちの生活を守っていると言えます。このように土質改良プラントは環境、生活など多くの面で活躍しています。